保育園は英語で?読み方や例文も!

「保育園」を英語でなんと表現するかご存知ですか?意外と知らない方も多いのではないでしょうか。この記事では「保育園」に関連する英語表現をご紹介します。「保育園」と言っても英語で表現するとなると結構複雑なんです。将来、保育士になりたいという方や、子供を保育園へ預ける予定がある方、あるいは現在お子様が保育園に通っているという方は、英語での表現方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

英語で保育園は?

「保育園」を表す英語は実はたくさんあるんです。そして、その仕組みはとっても複雑。というのも、日本と英語圏での保育園のシステムは全く異なります。それに伴って、名称も国だけでなく地域によって異なります。

例えば、アメリカ英語とイギリス英語においても「保育園」の呼び方が異なってきます。日本語でも、託児所、保育所、保育園、幼稚園など小さな子供を預ける施設の名称は場所や仕組みなど制度によって異なりますよね。

アメリカにおいても、州によって制度や名称が異なるので、一概に「保育園」を英語で説明するのはなかなか難しいことです。そこでここでは、場所によって呼び方、表現方法はそれぞれ異なるということを前提として「保育園」を表す英語についてみていきましょう。

日本語の「保育園」は以下のような英語で表現されます。

・preschool

・kindergarten

・nursery/nursery school

・day care(center)

英語で保育園 preschool

保育園に上がる前に通う施設を指します。この「preschool」は義務教育でありません。発音記号は「príːskùːl」でプリスクールと発音します。「前の、以前の」という意味の前置詞「pre」が「schoolに」ついているので学校に上がる前の学校と捉えると覚えやすいでしょう。ただし、保育園という意味で使われる場合もあります。

英語で保育園 kindergarten

主にアメリカ英語で「保育園」を表す際に使われる英語です。この「kindergarten」は日本人が間違えに気づかずに覚えている可能性が高い単語のひとつです。この単語、「kindergarden(キンダーガーデン)」と覚えてしまっていませんか?正しくは「キンダーガーテン」。発音記号は「kíndɚgὰɚtn」です。ちなみにドイツ語の「子供の庭」という言葉に由来しています。

英語で保育園 nursery

主にイギリスで「保育園」を表す際に使われる英語です。発音記号はアメリカ英語で「nˈɚːs(ə)ri」イギリス英語で「nˈəːs(ə)ri」です。

カタカナで表すと「ナーサ(ス)リー」という感じで発音します。サとスの中間の音を出そうと意識してみると発音しやすいかもしれません。

「nurse(ナース)」は皆さんもご存知の通り看護師さんの意味の名詞ですよね。

この「nurse」は動詞としても使えるのはご存知でしたか?

 

nurse“には、「看病する」、「世話をする」、「面倒をみる」、「(植物を)育てる」という様々な意味合いを表すことができる動詞です。老人ホームなどの介護施設を英語で「Nursing home」と呼ぶ場合もあります。

英語で保育園 day care

0歳から預けられる託児所のようなものとイメージすればわかりやすいかもしれません。日本語でもデイケアセンターと呼ばれる施設がありますよね。ただ、日本でデイケアセンターというと老人ホームのような高齢者の方向けの介護施設というイメージが強いかもしれませんが、海外で「day care」というと一般的には託児所や保育園のことを意味します。

 

「day care」から学ぶ「Take care」とは?

「day care 」は日中、高齢者、病人、幼児を預かって世話するというような意味の英語です。

この「care」は「心配」や「気にかかること」を意味します。「care」に「take」を組み合わせて「take care」とすると「気をつける」や「注意する」という意味になります。

この「Take care」は日本語で病気などの時に声をかける言葉「お大事に」というニュアンスを表すのにぴったりな表現なんです。”Take care of yourself”も同じ意味です。

「お大事に」や「元気でね」という意味だけでなく、別れ側に「気をつけてね」と声をかける際にもよく使われます。非常に多くのシチュエーションで使える言葉なので、覚えておくととっても便利ですよ。

保育園に関する英語フレーズ

ここからは実際に使える「保育園」に関する英語のフレーズについてご紹介していきます。

保育園児・保育士の英語表現

“My daughter is a kindergartner”.

私の娘は保育園児です。

「kindergartner」は主にアメリカ英語で使われる「保育園児」の表現です。

“I want to become a nursery teacher”. 

私は将来保育園の先生になりたいです。

「保育士」は英語で”nursery teacher”、”childcare worker”または”nurse”と表現します。

“I work at a nursery”. 

保育園で働いています。

保育園に通う・預けるの英語表現

“My son goes to kindergarten”.

私の息子は保育園に通っています。

“I leave my kid at a nursery”.

子供を保育園に預けています。

“leave”で「預ける」と表現できます。

“I’m going to go to pick up my kid at the kindergarten”.

保育園に子供を迎えにいく

“pick up”は「拾う」という意味の他に「(車で)迎えにいく」という意味で使える表現です。

“He brings his kids to the day care and pick them up everyday”.

「彼は毎日子供たちを保育園に送り迎えしています。」

“bring to”で「連れて行く」という表現になります。

まとめ

いかがでしたか?この記事では「保育園」に関するさまざまな英語表現をご紹介しました。「保育園」と一言で言っても、国によって制度が異なるため名称や認識が異なるため説明が難しいかもしれません。この記事で少しだけもニュアンスが伝われば幸いです。幼少期の頃の思い出などを英語で話したいという時に「あれ?保育園って英語でなんて言うんだっけ…」という状況にならないためにも、ある程度「保育園」を表す英単語や言い回しを知っておくと便利ですよ。今回紹介したフレーズや単語をぜひ、参考にしてみてくださいね。

Group 2@3x 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。