チャーチルの英語名言から学ぶ成功へのステップ

チャーチルといえば、大英帝国時代のイギリスで有名な政治家の一人です。従軍記者を務めたこともあり、時には軍隊に身を置いたこともあるチャーチルですが、戦争時代における彼の発言は今も名言として多くの人の心をゆさぶっています。チャーチルのセリフ原文を通して彼の考え方や成功へのポイントを紹介します。

フラミンゴ

危機的状況から成功を願う若者へおすすめのチャーチル名言

世の中に出た時には、思わぬピンチに襲われることは少なくありません。さまざまなピンチを潜り抜けてきたチャーチルだからこそ、成功を願うのであれば向き合うように語ります。

Never, never, never, never give up.
「決して屈するな。決して、決して、決して!」

危機を乗り越え一難が去ったとしても、次の危機的状況がないとか限りません。それでも歩み続けることが求められます。辛く厳しい状況が長く続くと、諦めたくもなるでしょう。チャーチルは格言ともいえる言葉を通してアドバイスを投げかけています。

To build may have to be the slow and laborious task of years. To destroy can be the thoughtless act of a single day.
「築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。」

コツコツ積み上げていく日々が、理想とする成功へとつながることは言うまでもありません。諦めてしまうと、その瞬間で全てが終わってしまう可能性が高いです。

戦争や政治にもひるまない!チャーチルの力強い名言

戦争時代ともいわれた戦争が続く中でも、周りに流されない姿勢をチャーチルは続けていました。権力や武力に囲まれていても、自分自身が信じることを主張することは大事です。

Kites rise highest against the wind – not with it.
凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。

周りの声や意見に流されていると、自分自身の成長や成功も望めないかもしれません。戦争や選挙の時には、流れに巻き込まれないことも重要と言えるでしょう。流れに逆らうことで高く位置に身を置くチャンスも期待できるとチャーチルの名言は教えてくれます。。

Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.
成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。

人生を続けていくことは、常に成功と失敗の繰り返しと言えるでしょう。チャーチルの英語が教えてくれていることは、失敗を恐れず勇気をもってチャレンジし続けることです。

愛国心とは何かが分かる!チャーチルの名言原文

チャーチルの言葉には、国を思うゆえの英語表現が感じられます。愛する国だからこそ妥協せず、出来ることに取り組むことが必要だとチャーチルの言葉は語り掛けてきます。

It is not enough that we do our best; sometimes we must do what is required.
全力を尽くすだけでは十分ではない。時には必要なことをやらなければ。

努力したということと、失敗したということを同じにすべきではないでしょう。時には、必要だと信じることを望まれていなくても取り組むことが大事かもしれません。

Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen.
勇気とは、起立して声に出すことである。勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある。

愛する国や仲間が道を踏み外す可能性はゼロではないでしょう。そういう時にこそ、ダメなものは駄目だと言える勇気も必要です。勇気を持った行動で失敗する可能性やリスクをおさえることも不可能ではありません。

チャーチルの過去から失敗を恐れないマインドを理解

時には人や国との戦いを経験してきたチャーチルは、過去のことや失敗を恐れないメンタルやマインドを兼ね備えていることが分かります。教訓に関するチャーチルの名言は、認めることの必要にも触れています。

The greatest lesson in life is to know that even fools are right sometimes.
人生最大の教訓は、愚かな者たちでさえ時には正しいと知ることだ。

仲違いをしていたり、信じるものが異なったりする相手を認めたくない時は多いでしょう。しかし、認めたくない相手を認め聞き入れることこそ、成功への大きなステップとなる場合があります。

Success is the ability to go from failure to failure without losing your enthusiasm.
成功とは、失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である。

大きな成功とは数多くの失敗の上に成り立っていることが多いです。失敗を繰り返すことで努力することを恐れる人が出てくることもあります。それでもチャレンジしなければ成功や平和は生まれません。やる気を失わないでいられることが、才能の一つかもしれません。

選挙や戦争を考える時に読むべき名言とは

最近の情勢を考えると、国際的にも国内的にも安定しているとは言い難いです。より良い未来を求めるためには、良いリーダーを見極める必要があります。チャーチルが考える選挙や戦争の可能性がある時のリーダーは、何を資質として持つべきなのでしょうか。

Without courage, all other virtues lose their meaning.
勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。

多くの危機的状況や苦難を乗り越えるには、苦難や失敗を恐れないことが大事であると多くの名言や格言でもチャーチルは述べています。まっすぐ立ち向かう姿勢を見せることで、多くの支持者が生まれてくると言えるでしょう。

You will make all kinds of mistakes; but as long as you are generous and true, and also fierce, you cannot hurt the world or even seriously distress her.
幾度となく過ちを犯すだろう。だが、寛大で誠実で情熱を持っていれば、世界を傷つけることも深刻に悩ませることもない。

真のリーダともいうべき人は、才能豊かなというだけでは不十分かもしれません。周りに対して誠実で何に対しても情熱をもって取り組める人のことを示すのではないかとチャーチルは言います。そういう人がリーダーであれば世界が傷つくことも、深刻な状況に陥ることも少ないはずです。

チャーチルの言葉に負けない気持ちで挑戦しよう

今回は歴史上の中でも、素晴らしい政治家の一人、チャーチルとチャーチルの名言について英文より紹介しました。失敗を恐れず、進み続けることこそ大事だとチャーチルは述べています。

To improve is to change; to be perfect is to change often.
向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである。

チャレンジを続けていく以上は、新しい変化に見舞われることもあります。その変化を恐れず、ステップアップしていきましょう。

気軽に英会話はじめるならフラミンゴ!

弊社は、語学学習サービス「フラミンゴ」を提供しています。
総勢1500人以上いる講師のなかから、相性のいい外国語講師を選んで、マンツーマンレッスンを受けることができます。
レッスン料金は英会話学校の半分。スマートフォンのアプリで気軽にお試しいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。