無理なくできる、英単語の覚え方

[:ja]受験生の方やToeicなどの資格に向けて英語習学中の方が、特に苦労するのは英単語

英単語帳を開いてはみるも魔法にかかったように眠くなってしまうし、1日に何十個も覚えられるものでもない。地味な暗記作業を継続することが近道だなんて言われているけれど、そんなことができたらとっくにやっている。面白くもなんともない英単語帳とにらめっこを続けても、なんの成長もないから困っているんだよと思いますよね。

まったく同じ思いをしてきました、今もなお苦戦中です。

さまざまな方法に挑戦してきた私が、個人的に長続きしかつおすすめできるものをいくつか紹介します。

英単語の覚え方は目的による

様々なタイプの参考書があるように、用途は目的によって変わってきます。

まずは自分が受験のため?資格のため?趣味なのかを明確にし、参考書選びを始めましょう。

英単語を覚えるのに本なんていらないという意見もあるようですが、ジャンルごとに単語がまとめてあるので関連付けて覚えることが出来ます。しかし参考書選びもなかなか難しいもの、個人的には単語だけよりも例文が載っているものの方がおすすめ

CDはあってもなくても良し、CDで聞くよりも英会話や海外ドラマ、映画の中で習った単語が出てきたときの“アッ、これ知ってる!”というような感覚の方が頭に強く残ります。

しかし、「受験前にそんな時間はない!」という方は発音学習のためにもCDはあった方が良いかと思います。

受験や資格のため

受験勉強や資格における英単語学習の場合、使う参考本のタイプは限られてきます。現代では聞くことに重点を置いたものも多く目と耳で習得できることが売り。しかしここで私がおすすめするのはそういったCD本を持っていなくても単語を頭に入れられる覚え方を紹介します。実際に私自身が受験期に取り組んだ方法なのですが、お役に立てれば光栄です。

ただし、このやり方は時間に余裕がある方におすすめの方法です。もう時間がない、今日から30単語ずつ数カ月以内に覚えたいという方は――。

正直、無理に等しいでしょう…。

受験生であるなら他の科目に力を、

Toeic等の資格ためならun / in / il / dis…というような単語の頭につく接頭辞から、その単語がマイナスの意味を表すのかプラスなのかということを意識した学習をしたほうがいいかもしれません。

新しい単語を覚えるには時間がないのでせめて意味をイメージしやすい環境を頭の中で作りましょう

 

では時間にある程度余裕がある方へ紹介します。

方法は覚えようと無理に頭に入れるのではなく自然と頭に入っちゃったというもの。

1週間決めた10ページを1日2~3回流し見をします。最低でも7ページでそれ以上ならその日の気分で決めてください。飽きたときにそれ以上みてもなかなか頭には入ってきませんから、、、。10ページを流し見するならほんの15分程度で読み終わります。ちょっとした空き時間に眺めるだけでいいんです。そんなんで本当に覚えられるの?

 

では質問です。

“冷蔵庫の右の扉に入っているものを教えてください。”

冷蔵庫の中が写真のように見えてきませんか?普段何気なくあけている冷蔵庫、その中身だっおうて意識して見ていたわけではないのに、気が付いたらある程度どこに何があるかわかりますよね?

英単語の覚え方もその容量がおすすめ。

冷蔵庫の件がピンと来ない方は違う方法にしましょう。というのも覚え方の相性というものがあります。合わないものを続けても良い結果には結びつきません。

趣味で英語力、英単語を増やしたいかた

試験用の英語なら、一時的な記憶でなんとかなるところがあります。

がしかし、生涯つかう英語を勉強するときの覚え方は一時的なものでは進歩がありません。

そういった方にも上記のやり方はおすすめですが、そこでは例文を自分で作るとより実践的な形で覚えることができます。それにプラスで海外ドラマや映画をみると日常で使われる英単語やイディオムを繰り返し耳にすることができます。

他の覚え方1

洋楽で歌詞を見ながら楽しく頭に入れる覚える方法です。

音楽と一緒なら飽きることもなく、知らなかった単語やイディオムを頭に入れることができます。いろんな曲を聴くことで、多く使われる表現のインプット・アウトプットが繰り返し行われ自然と覚えることができます。

 

この時は発音を重点的に意識して見てください!リスニング力もカラオケのレパートリーも向上しますよ。

しかしデメリットもいくつかございます。流行りの洋楽ではたくさんのスラングや日常会話では使わない表現も含まれているため、基礎を知りたい人にはおすすめできません。またラップは第二言語として英語を聞く人には呪文のようなもの、ラップミュージックは避けましょう。

覚え方2

みなさんTED動画をご存知ですか?毎年北米で行われている世界的講演会「TED Conference」を主催しているTechnology Entertainment Designという非営利団体のことです。彼らが開催している講演会の動画はインターネット上で無料配信されているため、誰でも閲覧可能。著名人の講演から無名の方のものまで、さまざまなジャンルのスピーチをみることができます。

留学中、英語力に伸び悩んだ時に勧められて以来すっかりはまりました。講演を英語で聞くなんてハードルが高いと思うかもしれませんが、字幕を付けることもできますし何度でもみることが可能なので繰り返しみることをおすすめします。テーマも科学など学術的なものから人生論など多岐にわたっているので、自分が覚えたい単語のジャンルごとに選んで勉強できることもポイントです。

私が強くおすすめする理由は英単語の覚え方のほかに、リスニング力向上や発音矯正に役立つだけでなく内容がいいんです。動画サイトには多くの英語学習教材がありますが、内容に飽きることが多い…。それに対してTEDはジャンルも選べるかつ講演者の質が高いので飽きずにみることができます。

実際に必要な力は

単語力はベーシックなスキルとして大切ですが、それ以上に大切なのは単語が思い浮かばなかったときに他の英語で説明する力がより肝心であると考えます。

というのも企業や特殊な業種では難しい単語が必要になってきますが、日常会話では難しい単語を使う機会は多くありません。

接客をされていて「???」となる単語は出てきませんし、友人との会話になるとそれ以上に簡単な英単語で済むことが多い。

受験英語でもそうですが生きる英会話、英単語を勉強する際は「他の言い回しを使うなら、どういうか」をより意識すると、もうひと段階上のレベルへ成長できるかもしれません。

最後に:英単語の覚え方を模索するなかで

この記事の中では、私自身が実践してやりやすく効果のあった英単語の覚え方を紹介しました。

参考になるとよいのですが、やはり相性という面で個人差がでてきます。また単語を覚えるには継続こそが近道であるのは事実。その継続をできる方法を見つけることが要点になってくると思います。

だからこそ私はどういうやり方をしたら楽しく飽きないで続けることができるかを考えながらやりました。その結果、上にある方法たちがヒットしたのです。体で覚えるというように、ひたすら書いて覚える方法も受験生だった昔に挑戦しました。しかし腱鞘炎にはなる、飽きるし覚えることを忘れ無心で書いているだけでした。本当にもったいない時間だったと今でも後悔しています(笑)。

また生涯英語ではインプット・アウトプットの繰り返しが重要。だからこそ機会があるならば、英会話や留学でリアルな英語に触れながら英単語を覚える方法をおすすめします。[:en]受験生の方やToeicなどの資格に向けて英語習学中の方が、特に苦労するのは英単語

英単語帳を開いてはみるも魔法にかかったように眠くなってしまうし、1日に何十個も覚えられるものでもない。地味な暗記作業を継続することが近道だなんて言われているけれど、そんなことができたらとっくにやっている。面白くもなんともない英単語帳とにらめっこを続けても、なんの成長もないから困っているんだよと思いますよね。

まったく同じ思いをしてきました、今もなお苦戦中です。

さまざまな方法に挑戦してきた私が、個人的に長続きしかつおすすめできるものをいくつか紹介します。

英単語の覚え方は目的による

様々なタイプの参考書があるように、用途は目的によって変わってきます。

まずは自分が受験のため?資格のため?趣味なのかを明確にし、参考書選びを始めましょう。

英単語を覚えるのに本なんていらないという意見もあるようですが、ジャンルごとに単語がまとめてあるので関連付けて覚えることが出来ます。しかし参考書選びもなかなか難しいもの、個人的には単語だけよりも例文が載っているものの方がおすすめ

CDはあってもなくても良し、CDで聞くよりも英会話や海外ドラマ、映画の中で習った単語が出てきたときの“アッ、これ知ってる!”というような感覚の方が頭に強く残ります。

しかし、「受験前にそんな時間はない!」という方は発音学習のためにもCDはあった方が良いかと思います。

受験や資格のため

受験勉強や資格における英単語学習の場合、使う参考本のタイプは限られてきます。現代では聞くことに重点を置いたものも多く目と耳で習得できることが売り。しかしここで私がおすすめするのはそういったCD本を持っていなくても単語を頭に入れられる覚え方を紹介します。実際に私自身が受験期に取り組んだ方法なのですが、お役に立てれば光栄です。

ただし、このやり方は時間に余裕がある方におすすめの方法です。もう時間がない、今日から30単語ずつ数カ月以内に覚えたいという方は――。

正直、無理に等しいでしょう…。

受験生であるなら他の科目に力を、

Toeic等の資格ためならun / in / il / dis…というような単語の頭につく接頭辞から、その単語がマイナスの意味を表すのかプラスなのかということを意識した学習をしたほうがいいかもしれません。

新しい単語を覚えるには時間がないのでせめて意味をイメージしやすい環境を頭の中で作りましょう

 

では時間にある程度余裕がある方へ紹介します。

方法は覚えようと無理に頭に入れるのではなく自然と頭に入っちゃったというもの。

1週間決めた10ページを1日2~3回流し見をします。最低でも7ページでそれ以上ならその日の気分で決めてください。飽きたときにそれ以上みてもなかなか頭には入ってきませんから、、、。10ページを流し見するならほんの15分程度で読み終わります。ちょっとした空き時間に眺めるだけでいいんです。そんなんで本当に覚えられるの?

 

では質問です。

“冷蔵庫の右の扉に入っているものを教えてください。”

冷蔵庫の中が写真のように見えてきませんか?普段何気なくあけている冷蔵庫、その中身だっおうて意識して見ていたわけではないのに、気が付いたらある程度どこに何があるかわかりますよね?

英単語の覚え方もその容量がおすすめ。

冷蔵庫の件がピンと来ない方は違う方法にしましょう。というのも覚え方の相性というものがあります。合わないものを続けても良い結果には結びつきません。

趣味で英語力、英単語を増やしたいかた

試験用の英語なら、一時的な記憶でなんとかなるところがあります。

がしかし、生涯つかう英語を勉強するときの覚え方は一時的なものでは進歩がありません。

そういった方にも上記のやり方はおすすめですが、そこでは例文を自分で作るとより実践的な形で覚えることができます。それにプラスで海外ドラマや映画をみると日常で使われる英単語やイディオムを繰り返し耳にすることができます。

他の覚え方1

洋楽で歌詞を見ながら楽しく頭に入れる覚える方法です。

音楽と一緒なら飽きることもなく、知らなかった単語やイディオムを頭に入れることができます。いろんな曲を聴くことで、多く使われる表現のインプット・アウトプットが繰り返し行われ自然と覚えることができます。

 

この時は発音を重点的に意識して見てください!リスニング力もカラオケのレパートリーも向上しますよ。

しかしデメリットもいくつかございます。流行りの洋楽ではたくさんのスラングや日常会話では使わない表現も含まれているため、基礎を知りたい人にはおすすめできません。またラップは第二言語として英語を聞く人には呪文のようなもの、ラップミュージックは避けましょう。

覚え方2

みなさんTED動画をご存知ですか?毎年北米で行われている世界的講演会「TED Conference」を主催しているTechnology Entertainment Designという非営利団体のことです。彼らが開催している講演会の動画はインターネット上で無料配信されているため、誰でも閲覧可能。著名人の講演から無名の方のものまで、さまざまなジャンルのスピーチをみることができます。

留学中、英語力に伸び悩んだ時に勧められて以来すっかりはまりました。講演を英語で聞くなんてハードルが高いと思うかもしれませんが、字幕を付けることもできますし何度でもみることが可能なので繰り返しみることをおすすめします。テーマも科学など学術的なものから人生論など多岐にわたっているので、自分が覚えたい単語のジャンルごとに選んで勉強できることもポイントです。

私が強くおすすめする理由は英単語の覚え方のほかに、リスニング力向上や発音矯正に役立つだけでなく内容がいいんです。動画サイトには多くの英語学習教材がありますが、内容に飽きることが多い…。それに対してTEDはジャンルも選べるかつ講演者の質が高いので飽きずにみることができます。

実際に必要な力は

単語力はベーシックなスキルとして大切ですが、それ以上に大切なのは単語が思い浮かばなかったときに他の英語で説明する力がより肝心であると考えます。

というのも企業や特殊な業種では難しい単語が必要になってきますが、日常会話では難しい単語を使う機会は多くありません。

接客をされていて「???」となる単語は出てきませんし、友人との会話になるとそれ以上に簡単な英単語で済むことが多い。

受験英語でもそうですが生きる英会話、英単語を勉強する際は「他の言い回しを使うなら、どういうか」をより意識すると、もうひと段階上のレベルへ成長できるかもしれません。

最後に:英単語の覚え方を模索するなかで

この記事の中では、私自身が実践してやりやすく効果のあった英単語の覚え方を紹介しました。

参考になるとよいのですが、やはり相性という面で個人差がでてきます。また単語を覚えるには継続こそが近道であるのは事実。その継続をできる方法を見つけることが要点になってくると思います。

だからこそ私はどういうやり方をしたら楽しく飽きないで続けることができるかを考えながらやりました。その結果、上にある方法たちがヒットしたのです。体で覚えるというように、ひたすら書いて覚える方法も受験生だった昔に挑戦しました。しかし腱鞘炎にはなる、飽きるし覚えることを忘れ無心で書いているだけでした。本当にもったいない時間だったと今でも後悔しています(笑)。

また生涯英語ではインプット・アウトプットの繰り返しが重要。だからこそ機会があるならば、英会話や留学でリアルな英語に触れながら英単語を覚える方法をおすすめします。[:]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。