答えは英語で?日本人がよく間違える英語の答え方とは?

[:ja]英語で「答え」という言葉を表現すると「answer」という単語が最初に思い浮かぶかと思います。ただ「答え」を表す英語は「answer」以外にもいくつかあるんですよ。ビジネスメールなどもよく使われる単語ですが、どんな単語か思い浮かびますか?

この記事では、そんな「答え」の英語表現をご紹介します。

さらに、「答え」というトピックにちなんで日本人が間違えやすい英語での「はい」「いいえ」の答え方も併せてご紹介します。多くの人が間違えて答えているのをよく耳にするので、しっかりと覚え直して正しい答え方を習得しましょう。

答えを表す英語表現

それでは、「答え」を表すいくつかの英単語と英語表現を例文と一緒にみていきましょう。

answer

みなさんもよくご存じの単語「answer」は答えや解答という意味を表します。

日本語でもアンサーというカタカナ語はよく使われていますよね。

問題を解いて答えを出すという意味で使われる「答え」というこちらの単語は

名詞と動詞として使うことが可能です。例文をみてみましょう。

例文:

Which is the correct answer? 正しい答えはどれでしょう?

I didn’t want to answer the question. 私はその質問に答えたくなかった

She did not give an answer to my question. 彼女は私の質問に答えなかった

I want you to check my answers. あなたに答え合わせをしてもらいたいんです

reply

次に紹介する単語は「reply」です。

質問に対する回答や返事の意味を表す「答え」は「reply」を使って表すことができます。

「reply」は「答える」以外にも「返事をする、応答する」という意味を含んでいます。

こちらの単語もまた、動詞と名詞として「答え」を表現することができます。

例文:

Thank you for your prompt reply. 早急な返信をありがとうございます

prompt reply で早急、迅速な返信を表現することができます。ビジネスメールでもよく使われる表現ですので覚えておくとよいでしょう。

She replied that she can’t make it. 彼女は間に合わないと返信した

I haven’t heard your reply  yet. まだあなたの返事をうかがってません

 response

「答え」を表すもう一つの単語をご紹介します。

「response」は「返答、応対、反応」という意味を表す英語です。

この単語は先に紹介した二つの単語とは異なり名詞としてのみ使えます。

動詞では「respond」となるので、注意しましょう

 

例文:

Thank you for quick response. 早速の返信ありがとうございます。

こちらもビジネスメールなどでよく使われるフレーズです。

There is no response from them. 彼らからの応対がない

It was not good response to the new TV show.  新しいテレビ番組への反応は良くなかった

日本人が間違えやすい英語での答え方

ここからは「答え」というトピックにちなんで

日本人がよくする英語での間違い方についてご紹介します。

多くの日本人が間違えてしまう答え方は「否定疑問文」に対する答え方です。

否定疑問文とは、Aren’t you~?Don’t you ~?

などの「~ではないの?」という疑問文です。

例えば、

Aren’t you tired? 疲れてないの?

こう質問されたときに

実際に「疲れてる」と答えたい場合はどう答えるのが正しいでしょうか?

考えてみてからスクロールしてください。

 

 

 

 

 

それでは正解です。

実際に疲れているときの答え方は

ううん、疲れてるよ「Yes. I’m tired.」

疲れていない場合は

うん、疲れてない「No. I’m not tired.」

正しく答えられましたか?

 

このように否定疑問文の答え方は

日本語で答える場合とYesとNoが反対になります。

そのため日本人にとっては答え方がややこしいというわけですね。

知らないで間違って答え続けていたという方もいるかもしれません。

それでは、次の例文を見てみましょう。

Aren’t you hungry? お腹空いてないの?

こう聞かれたときに、「お腹が空いている」と答えたいときには

どう答えるのが正しいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

それでは答え合わせです。

 

「お腹空いてないの?」と聞かれて実際にお腹が空いてる場合には

ううん 空いてるよ「Yes, I’m hungry.」

うん、空いてるよ「No, I’m not hungry.」

このようになりますね。正しく答えられましたか?

この否定疑問文の正しい答え方を覚えるコツは

英語で答えるときには肯定するときはYes、否定するときはNoと単純に考えることです。

次の例文をみてみましょう。

You don’t want to go shopping, do you?  買い物行きたくないんでしょ?

「~だよね?~でしょ?」という付加疑問文です。

こんな質問をされて、実際に買い物に行きたくない場合にはどのように答えるのが正しいでしょうか?

 

答えは

「うん、行きたくない」と答える場合は「No, I don’t wanna go.」

「いえ、行きたいです」と答える場合は「Yes, I wanna go.」

となりますね。

 

このように付加疑問文や否定疑問文などどんな形の疑問文でも、

行きたいと肯定する場合はYES、

行きたくないと否定する場合はNOと答えればOKです。

そしてもっとシンプルに捉えて

Aren’t you ~?と聞かれても Are you~?と聞かれていると思って答えてみましょう。

苦手意識があるだけで難しく考えてしまいがちですが、実際はとてもシンプルです。

一度覚えてしまえば正しい答え方ができるようになりますよ。

まとめ

いかがでしたか?この記事では「答え」に関する英語表現をご紹介しました。答えを表す英語表現はビジネスメールなどでよく使われるので覚えておくと便利ですよ。

また、日本人が間違えやすいYesとNoの答え方はただしく認識できていたでしょうか?最初は日本語の感覚が抜けず少し難しく感じてしまいますが、慣れてくれば正しく答えられるようになるので、ぜひこの記事を参考にして正しい答え方を習得してみてくださいね。[:en]英語で「答え」という言葉を表現すると「answer」という単語が最初に思い浮かぶかと思います。ただ「答え」を表す英語は「answer」以外にもいくつかあるんですよ。ビジネスメールなどもよく使われる単語ですが、どんな単語か思い浮かびますか?

この記事では、そんな「答え」の英語表現をご紹介します。

さらに、「答え」というトピックにちなんで日本人が間違えやすい英語での「はい」「いいえ」の答え方も併せてご紹介します。多くの人が間違えて答えているのをよく耳にするので、しっかりと覚え直して正しい答え方を習得しましょう。

答えを表す英語表現

それでは、「答え」を表すいくつかの英単語と英語表現を例文と一緒にみていきましょう。

answer

みなさんもよくご存じの単語「answer」は答えや解答という意味を表します。

日本語でもアンサーというカタカナ語はよく使われていますよね。

問題を解いて答えを出すという意味で使われる「答え」というこちらの単語は

名詞と動詞として使うことが可能です。例文をみてみましょう。

例文:

Which is the correct answer? 正しい答えはどれでしょう?

I didn’t want to answer the question. 私はその質問に答えたくなかった

She did not give an answer to my question. 彼女は私の質問に答えなかった

I want you to check my answers. あなたに答え合わせをしてもらいたいんです

reply

次に紹介する単語は「reply」です。

質問に対する回答や返事の意味を表す「答え」は「reply」を使って表すことができます。

「reply」は「答える」以外にも「返事をする、応答する」という意味を含んでいます。

こちらの単語もまた、動詞と名詞として「答え」を表現することができます。

例文:

Thank you for your prompt reply. 早急な返信をありがとうございます

prompt reply で早急、迅速な返信を表現することができます。ビジネスメールでもよく使われる表現ですので覚えておくとよいでしょう。

She replied that she can’t make it. 彼女は間に合わないと返信した

I haven’t heard your reply  yet. まだあなたの返事をうかがってません

 response

「答え」を表すもう一つの単語をご紹介します。

「response」は「返答、応対、反応」という意味を表す英語です。

この単語は先に紹介した二つの単語とは異なり名詞としてのみ使えます。

動詞では「respond」となるので、注意しましょう

 

例文:

Thank you for quick response. 早速の返信ありがとうございます。

こちらもビジネスメールなどでよく使われるフレーズです。

There is no response from them. 彼らからの応対がない

It was not good response to the new TV show.  新しいテレビ番組への反応は良くなかった

日本人が間違えやすい英語での答え方

ここからは「答え」というトピックにちなんで

日本人がよくする英語での間違い方についてご紹介します。

多くの日本人が間違えてしまう答え方は「否定疑問文」に対する答え方です。

否定疑問文とは、Aren’t you~?Don’t you ~?

などの「~ではないの?」という疑問文です。

例えば、

Aren’t you tired? 疲れてないの?

こう質問されたときに

実際に「疲れてる」と答えたい場合はどう答えるのが正しいでしょうか?

考えてみてからスクロールしてください。

 

 

 

 

 

それでは正解です。

実際に疲れているときの答え方は

ううん、疲れてるよ「Yes. I’m tired.」

疲れていない場合は

うん、疲れてない「No. I’m not tired.」

正しく答えられましたか?

 

このように否定疑問文の答え方は

日本語で答える場合とYesとNoが反対になります。

そのため日本人にとっては答え方がややこしいというわけですね。

知らないで間違って答え続けていたという方もいるかもしれません。

それでは、次の例文を見てみましょう。

Aren’t you hungry? お腹空いてないの?

こう聞かれたときに、「お腹が空いている」と答えたいときには

どう答えるのが正しいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

それでは答え合わせです。

 

「お腹空いてないの?」と聞かれて実際にお腹が空いてる場合には

ううん 空いてるよ「Yes, I’m hungry.」

うん、空いてるよ「No, I’m not hungry.」

このようになりますね。正しく答えられましたか?

この否定疑問文の正しい答え方を覚えるコツは

英語で答えるときには肯定するときはYes、否定するときはNoと単純に考えることです。

次の例文をみてみましょう。

You don’t want to go shopping, do you?  買い物行きたくないんでしょ?

「~だよね?~でしょ?」という付加疑問文です。

こんな質問をされて、実際に買い物に行きたくない場合にはどのように答えるのが正しいでしょうか?

 

答えは

「うん、行きたくない」と答える場合は「No, I don’t wanna go.」

「いえ、行きたいです」と答える場合は「Yes, I wanna go.」

となりますね。

 

このように付加疑問文や否定疑問文などどんな形の疑問文でも、

行きたいと肯定する場合はYES、

行きたくないと否定する場合はNOと答えればOKです。

そしてもっとシンプルに捉えて

Aren’t you ~?と聞かれても Are you~?と聞かれていると思って答えてみましょう。

苦手意識があるだけで難しく考えてしまいがちですが、実際はとてもシンプルです。

一度覚えてしまえば正しい答え方ができるようになりますよ。

まとめ

いかがでしたか?この記事では「答え」に関する英語表現をご紹介しました。答えを表す英語表現はビジネスメールなどでよく使われるので覚えておくと便利ですよ。

また、日本人が間違えやすいYesとNoの答え方はただしく認識できていたでしょうか?最初は日本語の感覚が抜けず少し難しく感じてしまいますが、慣れてくれば正しく答えられるようになるので、ぜひこの記事を参考にして正しい答え方を習得してみてくださいね。[:]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。