まずは英語で自己紹介をしてみよう!

英語で自己紹介をした経験はどれくらいありますか?日本語での自己紹介も緊張してしまうのに、英語で自己紹介をするなんて一体何をどう話せば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。難しそうに思える英語での自己紹介も実は日本語で行うものとそれほど違いはありません。特定のフレーズさえ覚えておけば、自信を持って英語で自己紹介ができるようになります。

ここではビギナーにも覚えやすい英語での自己紹介の仕方を紹介します。

 

英語での自己紹介の仕方

①挨拶

自己紹介の基本は挨拶からです。笑顔で相手の目を見て挨拶をしましょう。人数が多い場合は全体を見渡すようにすると良いです。

“Hello/ Hi”

「こんにちは。」

“Nice to meet you.”

「はじめまして。よろしくお願いします。」

“It’s pleasure to meet you.”

「お会いできて嬉しいです。」

”Hello”と”It’s pleasure to meet you.”はフォーマルな言い方になるので、ビジネスの場で使うと良いと思います。

②自分のこと

自己紹介が苦手だったり困るほとんどの場合は何を言えばいいのかわからないことではないでしょうか。自己紹介とは相手に自分のことを知ってもらうために行います。ですので、自分が相手に知ってほしいことを簡単に話せば良いのです。

そんなこと言われても急には思い浮かばないよ、という方のためにいくつか例をあげておきます。

名前

まず、自分の名前です。

グループではなく、個人や友人同士の自己紹介の場合は苗字なしで簡単に自分の名前だけを言ってしまってもかまいません。

“I am(I’m)  Hana.”

「私はハナです。」

My nameはもう古いと言う方もいるのですが、やっぱり複数人の前での自己紹介やビジネスの場、プレゼンやスピーチの時に行う自己紹介といったいわゆるフォーマルな場所ではMy nameを使っての自己紹介を行うことが多いです。

“My name is Hana Yamada.”

「私の名前は山田ハナです。」

また、日本人の名前は英語圏の方には発音がし辛いことが多いです。自分で呼び名やあだ名を考えておくとより親しみが湧きやすく覚えてもらいやすいです。

“please call me XX/  you can call me XX”

「XXと呼んでください。」

 

出身地

ざっくり日本から来ましたという説明でも良いと思いますが、自分の生まれた場所や育った場所を簡単に紹介できると、初対面でも話が弾みやすいです。

“I was born and raised in XX.”

「生まれも育ちもXXです。」

“I was born in XX but grew up in YY”

「XXで生まれて、YYで育ちました。」

“I’m from Kyoto (Japan).”

「京都から来ました。」

“I come from Japan.”

「日本から来ました。」

 

家族

自分のルーツについて簡単に聞かれたりすることもありますので、簡単な家族の紹介の仕方を覚えておくと良いと思います。例えば、家族が何人いるか、結婚してどのくらいかなどと言った話も会話を始めるのには良いきっかけになったりします。

“I have two kids.”

「子供が二人います。」

“I have a younger brother.”

「弟がいます。」

“I got married last year”

「去年結婚したばかりです。」

“My wife and I have been married for 20 years”

「妻と結婚してもう20年になります。」

 

 職業

職業について話すときは、学生の場合は何の専攻か、仕事の場合は何の仕事なのかといったことがわかるように具体的に伝えるのがポイントです。

学生の場合

“I am a high school student.”

「高校生です。」

“I am a university student studying psychology.”

「大学で心理学を専攻しています。」

学校関係で使える英単語

  • college「二年制大学」 university「四年制大学」
  • freshman「一年生」 sophomore「二年生」 junior「三年生」 senior「四年生」 graduate「院生」
  • Economic「経済学」 Law「法律」 Psychology「心理学」  Environment「環境学」

働いている場合

“I have my own business. / I am self-employed.”

「自営業です。」

“I work for  XX as a marketing director”

「XX(会社名)でマーケティングディレクターをしています。」

“I work in the XX industry.”

「XXの業界で働いています。」

仕事関係で使える英単語

  • Advertising「広告」 Publishing「出版」Public relations「広報」
  • Financial「金融」 Fashion「ファッション」 IT「IT」
  • Sales「営業」 Accounting 「経理」

趣味

自分の好きなものや趣味について話しをしておくのも、相手との会話の良いきっかけになります。そして、この話から想定される質問を事前に考えて準備しておくと相手との会話がもっと広がります。

“I like playing piano.”

「ピアノを弾くのが好きです。」

“I love to travel”

「旅行をするのがとても好きです。」

“I enjoy meeting new  people.”

「新しく人と会うのが好きです」

”I like reading a lot and hanging out with my friends”

「読書をしたり友達と遊ぶことが好きです。」

“I am into  drawings paintings.”

「絵をかくのがとても好きです」

“My hobby is…xxx”

「私の趣味はXXです。」

③終わりの挨拶

お別れ前、最後に一言あるかないかで相手に与える印象も変わります。自己紹介が終わった後、去り際に相手に声をかけることも忘れないようにしましょう。

“Thank you.”

「ありがとうございました。」

“I was nice meeting you.”

「お会いできてよかったです。」

“It was nice talking to you.”

「お話しできてよかったです。」

英語で自己紹介してみよう!

いかがでしたか?突然英語で自己紹介して!と言われると誰でも緊張してしまうものです。でも、知らない人に自分を知ってもらうチャンスでもあります。自分がどんな人でどんなところを知ってもらいたいのかということ念頭に置いて、いつでも誰かに自分を紹介できるようにしておくとよいですよ。また、普段から話したいことを決めて練習しておくと突然自己紹介するようなことになっても、うろたえることなく自然な自己紹介できるはずです。たくさん練習して英語での自己紹介も得意なものにしてしまいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。