踏切は英語でなんて言うの?踏切にまつわるあれこれ

「踏切」って、英語でなんと言うのでしょうか?

英語で「踏切」って、日本で言うほど海外ではお目にかからないような気がしますが、どうでしょうか?

 

「踏切」の英語

railway crossing

railroad crossing

level crossing

grade crossing

などです。

grade crossing は主にアメリカで、level crossing は主にイギリスで使用されるようです。

踏切にまつわる英語あれこれ

ちなみに遮断機は、

crossing bar

crossing gate

です。

欧米の都市部では電車はほとんど地下を走るため、

「踏切が締まってしまう!会社に間に合わない!」

という場面が少なく、また電車もディ−ゼル機関車も日本より比較的郊外を走ることが多いので、英語学習の際にあまり「踏切」にまつわる例文を見かけないのかもしれません。

世界の踏切事情

海外では一時停止禁止⁉

日本では常識である踏切手前の自動車一時停止(そうしてウィンドウをあけて警報を聴く!)ですが、アメリカでもイギリスでも踏切の前で一時停止することはダメ!なんです。

そんな事をしたら後ろから衝突されてしまうかも。ドライバーさんは思い切ってそのまま通過してくださいね。

アメリカ、イギリスの踏切は日本より比較的開けた広大な土地にある場合が多くて見通しがよいのと、また電車の通過する頻度が大変低いために、一時停止までして安全を確認させる規則はないのです。

しかし今までに事故がまったくないわけではないので、用心して通過するのにこしたことはないと思いますが……。

実際、一時停止禁止は遮断機、警報機、信号機などがついた踏切の場合のみです。

信号機などまったくなにもついていない踏切もあり、そこには「STOP LOOK FOR TRAINS」という標識だけが立てられています。その場合は踏切前で停止して、いつも日本でやっているように落ち着いて確認しましょう。

例えば信号や標識に「2TRACKS」など書かれていますが、これは電車の路線が「2車線」である、ということ。

また、「次はこちらから電車が来ます」的な矢印信号はありません。電車がどちらから来るかはいつも不明です。

踏切事故対策として、イギリスでは踏切を改善するのではなく、陸橋を増設することにしました。それは日本でよく見る階段付きの小さなものではなく、道路自体が鉄道を乗り越えるかたちなので、かなり大がかりなものになります。ですが、これだと踏切自体がいらず、電車と車両や歩行者が接触することもありえないので安全確実ですよね。

「開かずの踏切」はなんて言う?

unopened railway crossing

でも日本ほど電車の本数が多く通る踏切って海外ではそう見かけないので、英訳しただけでは「なぜあかないんだ? 故障か?」と思われてしまうかもしれません。

accidents at railway-crossings

踏切での事故、です。日本では特に頻繁に起こり、これが都市部の交通遅延に繋がったりしますが、この現象も日本独特。これも事情を説明しないと日本に暮らしていないひとには想像のつかないことかもしれません。毎日の壮絶な通勤混雑に揉まれるひとびとと、その日々に嫌気がさし自ら脱落してしまうひと……。

日本一有名な踏切は……?

こちらは江の電の鎌倉高校前の踏切です。『スラムダンク』など多くの漫画に登場して大変有名になりました。

海外からもファンが毎日訪れるそうです。毎朝通るのがこんな爽やかな踏切だったら、その積み重ねの人生までもが清々しくなりそう。

 

So,be careful when crossing  the railway crossing!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。