簡単!スマホの設定を変えて英語の学習環境をつくろう

英語の勉強をしているけど苦手意識が抜けないなぁとか英語の環境を作りたいけど日本じゃできないよなぁと諦めている方はいませんか。実は英語を簡単に自分の環境に取り入れられる方法があるのです。それは勉強に限らず、毎日使うもの、過ごす時間といった自分の生活スタイルそのものに英語を取り入れてしまうことです。そして、スマホを持っている方なら誰でも簡単にできてしまいます。それはスマホの言語設定を英語に変えてしまうことです。

ここでは、毎日使うスマホの言語設定を変えるだけでできる英語の環境づくりとその学習方法をご紹介します。

設定を変えて英語の環境をつくろう

英語学習者にとっての一番最初の壁は「英語が理解できない」ということよりも「英語という言語に慣れていない」ことなのではないでしょうか。日本では意識しないと英語を見聞きする習慣があまりないと思います。そのため突然英語を「勉強」するとなった時に意味がわからず苦手意識を持ってしまうのです。まずその苦手意識を克服して、英語をもっと身近に感じることが最初のステップだと思います。そこで活躍するのが、いつも使っているスマホです。

英語の言語設定:テキスト

スマホを日本語で使っている方は早速「言語設定」を日本語から英語に変えてみましょう。最初のほうはいつもの画面が英語になっていてしっくりこないかもしれませんが、いつも使い慣れている自分のスマホだからこそ、日本語で書かれていなくてもなんとなく、で操作できる部分も多いのではないかと思います。

設定の変え方

日本語から英語に変更する方法

  • Android 「設定」→「言語とキーボード」→「言語選択」でEnglish に変更
  • iOS 「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」

英語から日本語に戻したい時

  • Android:「Settings」→「Language & keyboard」→「Select language」
  • iOS:「Settings」→「General」→「Language & Region」→「iPhone Language」

あとはいつものようにスマホを使うだけです。

英語に変更することの利点

①自分がよく使う言葉だから覚えられる。

言葉は変わっても使うアプリの位置や設定の位置が変わったわけではないので、いつも使っているものは感覚でどこを押したら良いのかわかると思います。しかし、言語自体は英語に変わっていますから普段よく使うものから英語でおぼえていくことができるわけです。

例えば毎日アラーム機能を使っているのであれば、アプリの「時計」は”Clock”にかわっていますし、その中にある「アラーム」というカタカナ表記は”Alarm”と英語になっています。

このように自分が普段使う身近な言葉から英語で覚えていけるので、頭にも残りやすいと思います。

②英語の単数形と複数形を意識するようになる

英語の「単数形」”Singular”と「複数形」”Plural”は規則性があったりなかったりで苦手な人も多いのではないでしょうか。日本語だと数によって名詞の形が変化することがないので、英語の単数形や複数形によって名詞が変わってしまうパターンに慣れないのです。

例えば日本語では「設定」と表示されますが、英語に変えると”Settings”と複数形で表されています。「 通知」も”notifications” のように複数形で表されます。

このように英語の名詞には単数と複数があるということを意識して学べるようになります。

③カタカナ英語から英語へ

言語設定を変更すると、スマホ内のアプリも自動的に英語に変更されます。(英語表示に対応していないアプリは日本語のまま使えます。)英語モードにすることで今までカタカナ英語で表示されていた言葉がきっちりと英語に変わるので発音や「綴り」”Spelling”をしっかりと学ぶことができます。

例えば、Googleマップは日本語表示設定だと国名も全て日本語のカタカナ表記で日本の読み方で表示されています。しかし、英語表示にすると、日本語では「北京」だったものが英語では”Beijin”と表示されしっかり英語の読み方と綴りが表示されます。

カタカナ英語ではなく、英語を意識した綴りや読み方を覚えて行くことができます。

英語の言語設定:音声

Siri

iPhoneではSiriがアプリのインストールなしで簡単に使える音声機能です。”Hey Siri”と話しかけると使えるようになっています。使えない場合は「設定」でSiriの機能を有効にしてください。

OK Google

AndroidではOk googleがアプリのインストールなしで簡単に使える音声機能です。”OK Google”と話しかけると使えるようになっています。使えない場合はこちらも設定を有効にしてください。

 

どちらもアプリを使う時や誰かに電話をしたい時、道を調べたり時間を知りたい時など様々な使い方ができます。そして英語学習者にとっての何よりの利点は英語の発音を練習したい時できることです。

音声機能を英語で使うことの利点

①自信をつけられる

英語の発音に自信が持てなくて、まだ人と面と向かって英語は話しづらいなと思う方も中にはいるでしょう。そんな時はこの音声機能を使ってみましょう。いつでもどこでも練習できるので、一人でこっそり練習したい時なんかはぴったりです。これらの音声認識は正確な発音でなければ認識してくれませんので最初は全く通じないかもしれません。しかし、自分がどう発音し、ネイティブにはどう聞こえているのかを判断してくれるので、ここで通じるようになるとだんだんと自信が出てくると思います。

②発音の練習ができる

日本人にとってとても難しい発音と言われているBとVやRとLなどの細かい違いもしっかり聞き取ってくれるので自分が実際にどう発音しているのかを認識できるようになります。正しい発音を何度も聞き、これらの音声機能で発音を練習することで正しい発音を身につける練習ができます。単語の発音に慣れてきたら、今度はフレーズに挑戦してみると楽しいですよ。

実践してみよう!

英語で何をしたらいいかわからない方のためにちょっとした質問事項などを用意しておきました。何を聞いていいのかわからない時などに使ってみてください。

難しい発音編

RとL発音の違い

  • 「水」Water
  • 「世界」World
  • 「女の子」Girl
  • 「りす」Squirrel
  • 「明るい」Lightと「正しい」Right
  • 「シラミ」Liceと「米」Rice
  • 「遊ぶ」Playと「祈る」 Pray
  • 「歩く」Walkと「働く」 Work

BとV発音の違い

  • 「バランス」Balance
  • 「男の子」Boy
  • 「愛」Love
  • 「味」Flavor
  • 「エレベーター」Elevator
  • 「バニラ」Vanilla

THの発音の違い

  • 「思う」Thinkと「沈む」Sink
  • 「ありがとう」Thank You
  • 「これ」Thisと「あれ」That
  • 「口」Mouth
  • 「南」South
  • 「お風呂」Bathと「バス」Bus

質問やお願いをしてみよう編

What day is it today?

「今日は何日?」

What’s the News Today. 

「今日のニュースは何かある?」

How is the weather today?

「今日の天気はどう?」

Play music

「音楽つけて」

Please set a timer for XX minutes.

「XX分計ってください。」

Please wake me up at XX tomorrow morning.

「明日の朝XX時に起こしてください。」

I wanna watch YOUTUBE.

「YOUTUBEが見たいな。」

How can I go to XX. 

「XXへの行き方を教えて。」

Show me how to make XX.

「XXの作り方を教えて。」

How many people are on earth?

「世界の人口はどれくらい?」

Who are you?

「あなたは誰?」

When is When is XX(Christmas)?

「XX(クリスマスはいつ?」

会話の練習とまではいきませんが、一人でフレーズや発音の練習をしたい時にはいつでもどこでもスマホさえあればできるのでとても便利ですよ。

スマホの設定を変えて英語環境をつくろう

「英語を勉強する」という意識を持ってやってしまうと、英語を苦手に感じてしまう人もいますよね。スマホの設定を変えるだけで英語の環境をつくりだせるこの方法なら、英語を勉強するというよりも英語で何かをするということに意識がいきやすいのではないかと思います。英語をもっと身近に感じて、英語で読んだり英語で話したりと経験を積むことで、英語への苦手意識を克服できるのではないでしょうか。まずはスマホの設定を変えて英語の環境をつくり、英語を楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。