イギリス英語とアメリカ英語、どっちを勉強すればいい?

最近英語を勉強しようと、やっと重い腰をあげました。という人たちの話をよく耳にするようになりました。

そういえば英語を勉強したような記憶があるのは中学生のとき以来だな…。と言う方の話も聞きます。

そもそも英語を勉強するにあたり、イギリス英語 アメリカ英語があるけどどちらの英語が正しいのか?

どちらの英語を勉強したほうが自分のためになるのか?といった方たちのために

今回はイギリス英語 アメリカ英語の違いをご紹介していきます。

イギリス英語とアメリカ英語:簡単な違い

はじめに、イギリス英語 アメリカ英語それぞれどのような印象をお持ちですか?

どちらでもよい気がする…英語は英語で同じようなものなのでは…?

そんなにイギリス英語 アメリカ英語で違いはないはず!

自由の国アメリカ、トランプ大統領といえばアメリカ、ハリウッドといえばアメリカだからアメリカ英語のほうがかっこいい!

という印象をお持ちの方までいらっしゃるかと思います。

まず簡単にイギリス英語 アメリカ英語の違いは何かを説明していきます。

イギリス英語

イギリス英語は発音や文法が正しい英語の使い方をしています。とっても文章が忠実できれいです。

そしてとても丁寧で礼儀正しい表現を好みます。

アメリカ英語

アメリカ英語ですが、比較的省略形が多いのが特徴です。

本来のイギリスの英語を簡単に伝わるように、省略に省略を重ねた結果のカジュアルな英語とも言えるでしょう。

「英語をそんな丁寧に伝えてどうするの!?英語が母国語でない移民の人たちもいるんだし、伝えたいことは簡潔に言えばいいじゃん!」

というお国ならではの事情などから今のアメリカ英語が成り立っているとも言えるでしょう。

 

私たちが中学、高校と勉強してきた英語は基本的にはアメリカ英語になります!

それでは、なぜ私たちはアメリカ英語を勉強することになったのでしょうか?

それは言うまでもなくアメリカの世界への影響力がとても大きく、また日本とは経済や政治的な面でも強い繋がりをもっているためです。

Group 2@3x

イギリス英語とアメリカ英語:話す国

イギリス英語

イギリス英語を話す国は、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、マレーシア、香港、南アフリカ、西アフリカ、マルタ

アメリカ英語

アメリカ英語を話す国は、アメリカ、カナダ、プエルトリコ、リベリア、フィリピン….

 

この国の数を参考に、みなさんは意外とイギリス英語を話す国が多いと感じませんか?

その理由ははるか昔にイギリスが植民地にしていた国の影響があります。

しかし世界の影響力がもっとも強いアメリカ!国の数でいうとイギリスに及びませんが、実は英語人口の割合でみるとアメリカ英語を話す人たちほうが圧倒的に多いようです。

イギリス英語とアメリカ英語:発音の違い

「R」の発音

一番分かりやすい発音の違いは、「r」の音です。
アメリカ英語のアクセントは「r」の発音を強調するのに対して、イギリス英語のアクセントはほとんど「r」の発音をしません。

例えると、hardのアメリカ英語での発音は「ハールド」となりますが、

イギリス英語では「ハード」と言う発音をします。

「T」の発音

「r」とは逆に、イギリスアクセントでは「t」の音をはっきりと発音します。
アメリカアクセントの場合、ラ行の音が入ります。

一番分かりやすい例だと、Waterの発音になります。

アメリカ英語では発音が「ウォラー」になるのに対しては、

イギリス英語ではかなり日本語のカタカナ読みの「ウォーター」に近い発音になります。

 

このように発音でもイギリス英語 アメリカ英語に違いはでてきます。

そして面白いのは、ネイティブはお互いがイギリス英語 アメリカ英語の発音に敏感です。

例えば海外のニュースを見ていても、見た目では同じようなイギリス人アメリカ人でもインタビューされてる発音を聞いてすぐにどちらの国の人なのかという予測をつけます。

またイギリス人ネイティブからするとアメリカ英語は話し方が鼻にかかる感じの発音に聞こえるらしく少しおかしな英語の発音に聞こえるらしいです。

逆にアメリカ人の女性たちはイギリス英語を話す男性をセクシーに感じるそうです。そしてイギリス人男性の話す英語に憧れて真似して話そうとする女性やお付き合いしたいと望む女性も多いとのことです。

Group 2@3x

イギリス英語とアメリカ英語:名詞

例えば休暇はイギリス英語では”holiday”となるのに対して、アメリカ英語では”vacation”となります。

お庭はイギリス英語では”garden”となるのに対して、アメリカ英語では”yard”となります。

薬局はイギリス英語では”pharmacy”となるのに対して、アメリカ英語では”drugstore”となります。

このように名詞によっても言い回しから違いがありますので名詞の違いをみてもどちらの英語を使っているのかというのを判別することができるでしょう。

イギリス英語とアメリカ英語:文法

大きな特徴で言うと「Have」になります。

イギリス英語では「Have」を文章の中に入れるの大好きです。反対にアメリカ英語は過去形で簡単に文法を言い回します。

 

例えば、

「私は朝食をもうすでに食べましたよ。」

イギリス英語:I have already had breakfast.

アメリカ英語: I already had breakfast.

 

「今日彼を見ましたか?」

イギリス英語:Have you seen him today?

アメリカ英語:Did you see him today?

 

「私は傘を忘れました。」

イギリス英語:I have forgotten my umbrella.

アメリカ英語: I forgot my umbrella.

 

といったように文法でもよく完了形といわれる「Have」を使います。

日本人の方はアメリカ英語のような簡略的な言い回しのほうが得意かもしれません。

イギリス英語とアメリカ英語:時間表現

例えば、時間を表現するとき、日本人の方は「10時15分」のことを「 It’s ten fifteen」 と言ってしまう方が多数を占めているかと思います。

この言い回しはアメリカ英語の言い方で、イギリス英語では「t’s a quarter past ten」と表現します。

 

15分

アメリカ英語:”fifteen minutes”

イギリス英語:”a quarter of an hour”

 

30分

アメリカ英語:”thirty minutes”

イギリス英語:”half  an hour”

 

45分

アメリカ英語:”forty five minutes”

イギリス英語:”three quarters of an hour”

 

90分

アメリカ英語:”ninety minutes”

イギリス英語:”an hour and a half”

 

イギリス英語では基本的には、30分より前だとpastを使い、30分より後はtoを使います。

このような時間の英語の言い回しの使い方をみるとアメリカ英語での時間表現のほうが日本人にとっては馴染みがあるでしょう。

イギリス英語とアメリカ英語のまとめ

このようにイギリス英語 アメリカ英語を比べてみるとたくさんの違いがあります。

発音や名詞や文法に関しても大きく違います。今回ご紹介したのはイギリス英語 アメリカ英語の中でもほんの一部の違いにすぎません。それぞれをもっと探りながら見ていくと面白い発見がまだまだ見つかります!

じゃあ、まずはどっちを勉強したらいいのだろう?という方のために…

イギリス英語をオススメする人

本格的に世界で活躍していけるような人になりたい!もしくは世界中旅をしたときに馬鹿にされないような堂々と英語を使いたい!かっこいい英語を使ってるなと世界中の人に思われたいなどの英語のこだわりがある人はぜひイギリス英語の勉強がおススメです!

英語の語源はイギリスにありといわれるくらいなのでイギリス英語を勉強していたらまず間違いなく英語の達人に思われるでしょう。

アメリカ英語をオススメする人

逆に私は英語を話せる、聞くという基本的なことをただただ学びたいだけ!

イギリス英語 アメリカ英語こだわりなく英語を単純に使いこなせるようになりたいという方であれば間違いなくアメリカ英語を勉強するべきです。

日本人の馴染みのある英語はアメリカ英語なので初心者として勉強する場合は比較的、取り組みやすいといえるでしょう。

 

Group 2@3x 

最後の最後に何でも使えるこの魔法の言葉「ありがとう」をイギリス英語 アメリカ英語でネイティブふうにお伝えしておきます!

イギリス英語では”Cheers“、 アメリカ英語は”thank you“となります。

イギリス英語 アメリカ英語どちらも特徴がありそれぞれ勉強する人たちにとっては魅力的な要素が異なるでしょう。

ぜひ自分の目的から自分にあった英語となるイギリス英語 アメリカ英語を勉強していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。