高校留学したい!どうしたら留学できるの?

早いうちから英語に取り組みたい、自分の英語力をもっと早く伸ばしたいと考えている学生さんがいるなら、高校留学に行って見るのも一つの方法です。現地の高校生達と一緒に英語で学習・生活して行くことで、グローバルな時代を見据えた国際的な感覚を養いながら英語の能力を伸ばして行くことができます。

高校留学をするためにはどのような準備が必要なのか、簡単にご紹介します。

https://pixabay.com/en/volunteers-hands-voluntary-wrap-601662/

高校留学するには

いつ、どのような時期に留学するのが良いか。そのタイミングはとても重要ですよね。海外の授業は日本と違いレポートの提出や発表(プレゼンテーション)が中心となった参加する授業です。ちょっと海外の学校に行って見たいという好奇心だけでは、難しいものがあります。なぜ今留学がしたいのか、何がしたいのか、ちゃんと留学先でやっていけるのかどうか、など自分ともしっかりと向き合い留学を決めた方が留学に対する心構えもでき、充実した留学生活が送れるはずです。

1)自分の高校留学のタイプを決める

高校留学には大きく分けて三つのタイプがあります。

  • 短期留学
  • 交換留学
  • 正規留学(卒業するまで)

短期留学

春休みや夏休みなどの長期休暇を利用した留学タイプです。期間は1週間から1ヶ月程度です。長期と違い成績や試験などによる参加制限があるところが少ないため留学先も選びやすい傾向があります。初めての留学におすすめです。

ベストな時期:夏休みを利用したサマースクール

交換留学

日本の高校に在籍したまま海外の高校に一時的に通う留学タイプです。期間は基本的には一年間に限定されていること多いです。海外の高校生と一緒に授業を受けることになるため、高い英語力が必要になります。そのため、授業料が免除されることが多いですが、留学先の地域などは自分で選ぶことができません。一年間行く場合は復学時期についても考える必要があります。

ベストな時期:高校1年〜2年の間。ただし各高校や期間ごとに留学時期が決められていることが多いのでよく調べること。

正規留学

留学先の高校に卒業するまで通うタイプの留学です。交換留学との違いは日本の高校に籍を置かず海外の高校に入学或いは編入するところです。現地の生徒と同じ卒業資格を取ることができるので、日本や海外の大学などにも進学できます。

ベストな時期:中学を卒業した後にそのまま海外の高校に入学するのが望ましいです。

2)必要な準備

話し合い

  • 保護者との話し合い
  • 予算決定

自分が留学にいきたいとしても、高校留学には保護者の許可が必要不可欠です。どの留学制度でも未成年が留学する場合には保護者側の理解と同意があることが必須の条件になっています。海外留学に行くということは、何かトラブルがあった時に、保護者はすぐ駆けつけられる距離にはいないのです。そういったことをお互いがよく話し合って相互に理解を深める必要があります。

また予算についても教育機関に払う費用(入学出願料、授業料、教材費など)や留学エージェントに払う費用、渡航に必要な費用(ビザ、パズポート、旅券など)や滞在中の費用などお金がかかります。留学のカウンセラーなどとよく話し合って無理のない留学計画を立てましょう。

必要書類などの準備

海外留学に必要なものはそれぞれの留学タイプや留学先によって変わります。ここでは長期留学などで一般的に必要とされるものを載せておきます。

  • パスポート
  • ビザ
  • 入学願書(英文エッセイなど)
  • 推薦状(英文)
  • 成績証明書(英文・過去2年分、5段階評価で平均3以上が望ましい)
  • 在籍証明書
  • 休学/退学証明書
  • 単位取得証明書
  • 英語力の証明書(IELTS やTOEFL、英検など)

留学する際に少しでも書類などに不備や足りないものがあった場合、留学がキャンセルされてしまうこともあります。受け入れ先やエージェントなどとしっかり話し合って指示通りに書類を作成しましょう。特にビザは面接が必要な場合もあり、取得に時間がかかることもあるので、半年前くらいから早めに準備をしておきましょう。

あったら良いもの

  • クレジットカード
  • デビットカード/プリペイドカード
  • 海外留学保険

海外ではあまり多額の現金を持ち歩かない方が、盗難や紛失のリスク面を考えると良いと思います。最近では海外に行く学生のために用意された留学生用クレジットカードや海外でも使えるプリペイドカードなどがたくさん出ています。留学先での緊急用に違う種類のカードを2種類ほど持っておくと現地の銀行で何かあった時にも心強いです。

また海外保険は必ず入っておきましょう。海外の医療費は日本ほど良心的な値段設定にはなっていません。病気や事故など何が起こるかわからないからこそ、大事な時にカバーしてくれる海外保険には入っておいた方が安心です。

3)高校留学のために必要な英語力は?

photo credit: USF SLE Study Abroad Fair 2013 via photopin (license)

短期留学の場合

短期留学の場合は基本的に語学力を求められることはあまりありません。どちらかというと、英語を使うことへの抵抗をなくし、英語に慣れてもらうようなプログラムづくりをしている学校の方が多いです。サマースクールなどが良い例です。英語に親しめるようなアクティビティが用意されていることも多いので、『留学したいけど、あと一歩が踏み出せない!』と不安な方は短期留学で英語に慣れることから始めてみてもいいかもしれません。

長期留学の場合

交換留学や正規留学の場合は英検三級から準二級程度の英語力があった方がよいとされています。現地の高校に留学するにあたって、授業への理解や現地の生徒や先生との意思疎通ができたほうが良いからです。しかしながら、そのレベルに至っていないからといって諦める必要はありません。そのための英語力が十分にない場合でも現地の高校などが提供している語学学校やESL(English as a Second Language)プログラムなどに入って、英語力の強化と高校の授業を一緒に行なっていけるようにプログラムが準備されていることもあるからです。

しかし、留学の効果を高める為にも、全てぶっつけ本番にするのではなく英単語や英文法の強化、readingやwritingなどの練習は留学を決めた時点から少しでも始めておいた方が留学先での不安を減らす為にも良いと思います。

目に見える英語力

留学するからには留学の成果もきっちり数字でみておきたいものですよね。出発前にテストを受けて自分のスコアを把握しておくと、帰ってきたときに数字で見える成長が感じられます。また、これら機関の多くは海外での語学留学または海外大学に必要な英語力を証明するための資格としても使われていたりします。

  • TOEFL/TOEFL Junior
  • 英検
  • TOEIC
  • IELTS
  • iTEP

留学前に一度、帰ってきてからもう一度受けてみると数値化された成長がみえるのでおすすめです。

高校留学の準備はお早めに!

高校の留学準備はどうしたらよいのか、簡単にですが伝わりましたでしょうか?快適で楽しい留学生活の為にも留学前から準備は早めに、慎重に。貴重な高校留学体験です。事前準備をしっかりして楽しい留学生活を経験してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

まだデータがありません。